そう言われてる塾に高校時代通ってたことがある。鉄緑会じゃないよ、とある個人塾。


でも結局私は東大に受からなかった。というかある時突然連絡が途切れてそれっきり。途中でその塾をやめざるを得なかった。


辞めさせられた後、私は、もう私東大に受からんって言われてるようなもんじゃんと自暴自棄になった。


正直勉強、特には学校の勉強も受験勉強も好きじゃなかった。だから、あんまりやらなくなった。


結局受からなかったんだけど…今思うのは自分の進路を他人がどうこうしてくれるもんではないってことである。

だから、あんまり他人任せにするもんじゃない。東大に受かるまでのルートは、自分で作らなくちゃいけない。学校に依存しすぎ、塾に依存しすぎとかは良くないって今更気づいた。(どちらかに洗脳されて受かるひともいるけど…でもそういうひとも、うまくレールに乗るために自分でどうすればいいか考えたんだと思う…)





話はずれるが、自分の人生他人任せにしちゃいけないってことは次の話につながると思う。

めっちゃいい学校の成績を取っていれば、とか、TOEICが何点だから、とか、そういうふうに自分の能力の表し方を他人任せにするのは良くない。


やっと気付いた。

自分の能力を地道に伸ばしていってる(TOEICのスコアを上げるなどのハリボテ作りとは真逆の作業)間は、ひとに認められないかもしれない。その間は自分で認めて歯食いしばってやるしかない…

今までの自分はハリボテづくりばかりしてきた。自分を他人の評価に晒してそれがすべてと思うことはもうやめる。

自分で自分をちゃんと認める!